« 新しい科学1555 | トップページ | 新しい科学1557 »

2020年7月16日 (木)

新しい科学1556

 森友公文書改ざんー国賠訴訟について

 7月14日以来、朝日新聞は自死した財務省近畿財務局職員赤木俊夫さんの妻雅子さんによる「国と当時の財務省理財局長佐川宣寿氏に対する損害賠償請求裁判」が15日から始まることを大々的に取り上げております。赤木俊夫さんは国家公務員としての誇りを持って働いていた人らしく、国家的な犯罪である公文書改ざんには反対であったが、安倍首相発言を忖度した佐川理財局長の再三に渡る改ざん指示に屈服させられて改ざんを実行してしまったということです。そのことは彼の自尊心を傷つけ、国家公務員としての誇りを失わせてしまったようです。彼はうつ病になり、ついに自死してしまったというのです。妻の雅子さんは真実を知りたい一心で自分の実名を出して裁判を始めようとしたということです。この雅子さんを応援する署名が35万筆も集まったということです。夫の死は国民に対するお詫びであると彼女は言っています。
 佐川さんは勿論、安倍首相も逃げることなく、真実を明らかにしようとする彼女の決意に応えて欲しいと思います。このままでは嘘に嘘を重ねる醜い政治・官僚世界になってしまい、優れた若者達から見放されかねません。彼女の決意に応えてこそ、日本の政治は世界に誇るべき政治となり、政治の世界にも官僚の世界にも優れた若者達が集まってくることとなることでしょう。

« 新しい科学1555 | トップページ | 新しい科学1557 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しい科学1555 | トップページ | 新しい科学1557 »

無料ブログはココログ